2017-07-11

続・僕が改めて起業するならどのようなプロセスではじめるか(第一回)結果が出る出ないのノウハウは意外とこんなことだった!

Pocket
LINEで送る

僕が起業して12年ですが、その間出版もしましたし、あらゆる起業ノウハウを学び、セミナーに出向き、コンサルを雇い、教材を買いあさり、ホームページ・ランディングページを作成し、Mixi(SNS)・Twitter・Facebookなどあらゆるコミュニティサイトに所属し、メルマガも4カ所で配信し、ライブドアブログ・楽天ブログ・アメーバブログ(複数アカウント所有)など主要ブログはほとんど試し、クリック広告、相互紹介、コラボセミナーなど、もうやることがないくらい、ありとあらゆることをしてわかったことをお伝えしたいと思います。

起業ノウハウは、現在も12年前も基本まったく同じです。何ら変わっていません。一時期メルマガは、「もはや下火」とさえ言われましたが、結局今も強力なツールとして利用されています。起業コンサルの言っていることも、信じられないかも知れませんが、12年前とまったく同じです。違うのは、今時のツールで解説しているかいないかだけです。なので、極論を言えば、僕の持っている10年前に購入した起業ノウハウでも、楽勝で通用するでしょう。

しかし、ちまたにあふれている起業ノウハウでも、なぜかあまり触れられていない、もしくは、触れていたとしてもノウハウ提供者にも、提供される側にも〈サラッと〉流されてしまう、超重要ポイントがあるのです。それは「オフラインでのビジネス活動」です。〈僕が改めて起業するならどのようなプロセスではじめるか(最終回)あなたが好きで興味があることをビジネスにしてしまう方法〉の記事の最後で触れましたが、それを本格的にビジネスにしていくリアルなノウハウがこれです。

現在、売れている起業家のほとんどが、このオフラインでの活動を必死で経験し、現在の地位を確立されています。オフライン活動とは、インターネットを使わずない昔から行われている手法です。たとえば・・・

・競合他社のセミナーに参加する・・・あなたと同じようなビジネスをしている人のセミナーに出席して偵察、および、参加者と知り合うのです。参加者は、あなたのお客さんでもあるわけですから、ニーズの調査も出来ます。

・コミュニティ・グループに入る・・・あなたのお客さんが参加してそうな団体・勉強会に参加し、定期的に交流・学びを得る。

・起業家の仲間をつくる・・・これはあなたと同じビジネスと、まったく違っていてもかまいません。起業セミナーやスクール、交流会に参加すれば友だちも増えるでしょう。増やす目的は、同じ志の仲間を見つけることと、あなたのビジネスを応援してくれる人を持つことです。

その他、出来ることはすべてする・・・起業内容にもよりますが、名刺・チラシ・リーフレット(パンフレットの小型版)を配る、ブログの相互紹介、競合他社の商品を買って研究する・商品を紹介する、知人に紹介してもらう等など。

ありとあらゆることを、オフラインで行います。と同時にオンライン(ネットでの集客)も並行して行います。明言できますが、オンラインだけでは起業して3年たっても、望むような結果は出ないでしょう。オン・オフの両方を、着実にした人だけが、生き残れると思ってください。

ほとんどの人が、オンラインビジネス(インターネットを用いたビジネス)のノウハウを学び、それだけを半年位続けて、結果がでないとあきらめます。原因は、オフライン活動(インターネット以外のリアルな活動)を重視していないからに他なりません。このオフライン活動の重要性を掲げたとしても、面倒くさいので中途半端に終わらせるのがオチなのです。

(つづく)

 

Pocket
LINEで送る

関連記事