2017-06-06

シゴト(仕事)とクラシ(暮らし)を〈融合〉させるファースト・ステップとは

Pocket
LINEで送る

シゴトとクラシの〈融合〉といっても、むずかしく考えることはありません。でも、〈融合〉させることで生まれるメリットがあるゆえに、僕は、それを推奨し広めていきたいと思っています。

たとえば、私たちは、働いている時の考え方や心構えについては深く考え、それを伝える努力をしています。「ミッションを持ちましょう!」とか「ベネフィットを明確にしましょう!」とか「ターゲットを絞りましょう!」など、自分がどのようなビジネスをしているのかについてを、顧客にわからせなければなりません。また、顧客にアンケートを募ったりして、双方向の理解も惜しみません。

では、クラシについてはどうでしょう?  あなたは、暮らしているときの考え方や心構えについて深く考え、それを誰かに伝えたりしているでしょうか。そして、その考え方や心構えを、常に更新して最善の方法で取り組んでいるでしょうか。

僕は、シゴトとクラシを同じ土俵において、シゴトと同じように暮らしているときの考え方や心構えについて深く考え、常に更新して最善の方法で取り組んで欲しいと思っています。それが、シゴトとクラシを〈融合〉させるファースト・ステップとなるからです。シゴトとクラシの〈融合〉は、まずそこからはじまります。

なので、クラシを改善していこうと意識することからはじめて下さい。今よりも何を改善すれば、クラシはもっと良くなるのかを常に考えるのです。それは、シゴトをいかに改善していくかと、全く同じ考え方です。

私たちはふつう、シゴトで使うエネルギーとクラシで使うエネルギーが違います。違うから、スイッチの切り替えが必要です。〈仕事モード〉と〈プライベートモード〉の両方の違うエネルギーを使い分けているわけです。でも、2種類のエネルギーを使うと言うことは、単純に2倍のエネルギーが消費されているわけです。また、シゴトがハードであるが故に、クラシが怠惰になりがちなのです。

生き方をシンプルにしようと考えるのであれば、スイッチの切り替えが必要でない方法を模索しようではありませんか。消費するエネルギーは、1つで充分なのですから。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事