2017-04-16

シゴト(仕事)とクラシ(暮らし)を上手に融合させた生き方の「はじめ方」

Pocket
LINEで送る

きのう、倒れてから初の講座を開催してきました。さすがに朝から夕方まで立ったままの講義はできませんでしたが、何ごともなくて無事お開きとなりました。

また、「アファメーション講座」と題して開催でしたが、以前とはかなり豹変した講座となりました。遠くからは宇都宮から新幹線で駆けつけてくださったり、本当に感謝しています。しかも、皆さん運気のすごい方ばかりで、ビックリしました。

僕にも変化がありました。倒れる前の同じ講座の時とくらべて、フォーカスするところが違っていました。予定では、前回の「アファメーション講座」と同じプログラムを想定していましたが、話しているうちに変化が見られました。簡単にいうと、参加者の「心の揺らぎ」との対話にフォーカスしている僕がいたのです。(なんとなくわかってください。言葉では説明しにくいです。)

この体験もあり、これからの僕の活動は、一つに絞られると思います。それは、ジブんワールドという、シゴト(仕事)とクラシ(暮らし)を上手に融合させた生き方の「はじめ方」です。

まず、スタートラインとゴールを想定します。ゴールは現時点のものでかまいません。ゴールは途中で変わっても良いです。もっというと、ゴールなんてさほど重要ではありません。ゴールは、一歩を踏みだすための、ただの目安と考えます。そして、一歩を踏みだした!という結果をもたらす行動にのみ専念すれが良いのです。

そして、その最初の一歩を何にするかですが、例えば、あなたがお店を持つと言うのがゴールだったとしましょう。でもいきなり、お店を持つための資金を稼ぐとか、物件を探しに行くとかではダメです。それよりも「似たようなお店で成功している方に、まず話を聞きに行く」という一歩の方が現実的です。

それは、確実に踏みだせる一歩ですよね。また、そこで、想定外の出会い、事件(良い意味での)、思考の変化などがあれば、それを決して見逃してはいけません。

なので、最初の一歩目が非常に大切になってくるのがわかると思います。

僕は、このような最初の一歩をどうしても踏み出せない方のサポートができたら、こんな幸せなことはありません。あなたの、シゴト(仕事)とクラシ(暮らし)を上手に融合させた生き方の「はじめりはじまり~」に立ち会うことが、僕の使命なのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事