2017-05-02

好きをシゴト(仕事)にする本当の意味は

Pocket
LINEで送る

好きをシゴトにしよう!という本、たくさん出回っていますね。僕自身、その類いの本をすべて読んだわけではありませんが、もし僕がそんな趣旨の本を書くとしたら・・・どのような視点で書くかを考えてみました。でも、いたってシンプルなことなので安心してください。

僕の場合、好きなこと・興味があることと言えば、「シンプル」であり、「ジブんワールド」という独自の世界です。なので「シンプル」をシゴトにすれば良いわけです。

では、誰が僕のお客さまになり得るかというと、同じく「シンプル」が好きで好きでたまらない人、もしくは、「シンプル」に絶大なる興味をもっている人です。言うなれば、あなたと同じ嗜好の人がお客さまになってくれるという図式です。例えば、あなたが絶景が大好きで、絶景に興味が大ありの人は、絶景が大好きで、絶景に興味が大ありの人をお客さまにすれが良いのです。簡単でしょ!

でもこれだけですと、好きなモノ同士が集まった、単なる同好会になってしまいますので、お客さまに何らかのメリットが必要になってきます。それが、あなたが持っている【情報力】であり【企画力】【発想力】に関わってくるのですが、むずかしく考える必要はありません。要するに、あなたがやりたいことをやれば良いだけです。

絶景が大好きならば、

【知られざる絶景ツアー企画】
【吉方位でゆく絶景三大名所】
【縁結び絶景ポイント】

など、あなたの得意分野と組み合わせたり、話題を先取りすることで、多種多様な企画が提供できるでしょう。好きなことをシゴトにすると言うことは、あなたが感心のあることや興味があることを提供することです。

シンプルに考えてください。あなたが読みたいブログがなければ、あなたが書けば良いし、買いたい商品がなければ、あなたが売れば良いのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事