2019-08-26

ストレングス・ファインダーと算命学で〈強み〉を比較

Pocket
LINEで送る

『さぁ、才能に目覚めよう』 (日本経済新聞社刊)という本があります。これは、コーチや、コーチングを知っている方、さらに、勉強されている方は、たぶんお読みになっているはずです。それくらい、有名な本です。

その中に、「ストレングス・ファインダー」という、「強み」診断(探索)システムなるものがついています。あるURLにアクセスして、いくつかの問いに答えることで、自分の「強み」を知るというシステムです。

やり方は簡単。この本を購入すると、表紙の裏にシリアルナンバーが刻印されているので、そのナンバーを指定のサイトに入力すると、その診断が受けられるというもの。この本には、「強み」というのが34紹介されています。その中のどの「強み」に、あなたが該当するかが、わかるわけです。

たとえば、34の「強み」とは、

◎アレンジ ◎運命思考 ◎回復思考 ◎学習欲 ◎活発性
◎共感性 ◎競争性 ◎規律性 ◎原点思考 ◎公平性 ◎個別化
◎コミュニケーション◎最上思考 ◎自我 ◎自己確信◎社交性
◎収集心 ◎指令性 ◎慎重さ ◎信念 ◎親密性 ◎成長促進
◎責任感 ◎戦略性 ◎達成欲 ◎着想 ◎調和性 ◎適応性
◎内省 ◎分析思考 ◎包含 ◎ポジティブ ◎未来志向 ◎目標思考

この34個が、この本では設定されています。そこで、僕は、こんなことを考えてみました。この本で紹介されている34の「強み」と、運命学でいう【才能】との共通性です。

運命学での【才能】は、以下の10個です。

○貫索星    ○石門星
○調舒星    ○鳳閣星
○禄存星    ○司禄星
○車騎星    ○牽牛星
○龍高星    ○玉堂星

この10個の才能を、上の34の「強み」に当てはめてみるとどうなるのか。。。すると、この10個の星の意味も少し見えてきます。最初から、いきましょう!

◎アレンジ
アレンジを創造と破壊と考えれば
⇒龍高星
アレンジを柔軟性と考えれば
⇒石門星

◎運命思考
人々をお互いに結びつける、思いやりがある、思慮深い
異文化の架け橋の役割という意味で
⇒石門星

◎回復思考
問題解決・探求心という意味で
⇒龍高星

◎学習欲
学ぶプロセスに心がひかれる
⇒玉堂星

◎活発性
行動のみが何かを起こすことができる
行動=最良の学習手段
⇒車騎星(個人) ⇒牽牛星(集団)

◎共感性
人の感情を察する・協調性で
⇒石門星

◎競争性
他の人の成果が気になる、楽しいからではなく勝つため
⇒車騎星(個人) ⇒牽牛星(集団)

◎規律性
秩序の正しさ、毎日の日課を決める、長期的な計画
連続性のある短期的な計画、きちんとした計画の積み重ね
⇒司禄星

◎原点思考
過去を振り返る、人との過去を等してなら理解できる
過去を理解してから、未来を見通す
⇒玉堂星

◎公平性
バランス感覚
⇒鳳閣星

◎個別化
一般化がキライ、個性を重んじる
⇒調舒星

◎コミュニケーション
意思疎通、互いの意見や感情、意思を伝え合う
⇒石門星

◎最上思考
平均でなく優秀である
これだと思ったことは、優秀さへと高めずにはいられない
自分を高く評価してくれる人のそばが良い
⇒牽牛星

◎自我
認められたい、目立ちたい、尊敬されたい
⇒禄存星

◎自己確信
誰からも指示を受けずに自分を信じて生きていける
何をするにも、自分が決めて結果を出す
⇒貫索星

◎社交性
見知らぬ人に元気づけられる
共通の関心事を見いだせる
関係を気づく
⇒石門星

◎収集心
収集が大好き
⇒司禄星
何でも知りたい
⇒玉堂星

◎指令性
はっきりものを言う、主導権を握る、
対決は解決策を得るための第一歩
⇒車騎星

◎慎重さ
用心深く、油断しない
計画を立てる
⇒司禄星

◎信念
責任感が強い、一貫性が人生の基盤、頼れる人
⇒貫索星

◎親密性
人と深くつきあおうとする、仲間意識
⇒石門星

◎成長促進
育てたい、成長させたい、成功の経験をさせたい
⇒玉堂星

◎責任感
まさしく⇒牽牛星

◎戦略性
目的に向かった最善の道筋の発見
複雑の中にパターンを見いだせる能力
⇒牽牛星

◎達成欲
論理が叶わなくても、成し遂げたいという行動
⇒車騎星

◎着想
新しい味方ができる、ひっくり返す喜び
⇒龍高星

◎調和性
極力争わない、異なる意見でも共通点を探せる
⇒石門星

◎適応性
人生をあるがまま受け入れる
⇒龍高星

◎内省
考えることが好き
⇒玉堂星

◎分析思考
まさしく⇒玉堂星

◎包含
輪を広げる、人は皆違いそれぞれの良さがある
⇒石門星

◎ポジティブ
陽気、楽天的、熱意、活力
⇒鳳閣星

◎未来志向
夢想家、うまくやれる方法を考える、未来見据える
⇒龍高星

◎目標思考
明確な方向性を必要とする、目標が決まれば動く
効率的に物事を進める、無駄な行動をしない
⇒牽牛星

自分の星の【才能】を知っている人は、「あぁ、こんな強みとしてとらえることができるんだ!」と、目からウロコが落ちたんではないでしょうか。新たな自信につながったと思います。しかし、こうして照らし合わせて見てくると、34の「強み」と、運命学の才能とで、少々偏りがあるのがわかってきます。

僕からしてみると、きちんと分類されているようで、実は、分類されていないのでないかと思います。というのも、運命学の才能というのは、34の「強み」に、まんべんなく出てきてません。例えば、「石門星」が34個中、8回出てきています。約4分の1が「石門星」的な強みになっています。また、「貫索星」が34個中、2回しか出てきていません。僕は、この「34の強み」を否定しているのではありません。ただ、運命学的な分類の方法もあるってことを、知っていただきたいのです。

でも、この「ストレングス・ファインダー」は、一度試してみることをおすすめします。

※あなたの星を分析します⇒こちらからどうぞ(無料です)
※各星の解説⇒十大主星の解説ページ

個別単発コンサルティング

 

Pocket
LINEで送る

関連記事