2017-04-24

想像できることは、もはやあなたの夢ではありません

Pocket
LINEで送る

倒れたことでわかったことが、僕にはいくつかあります。今後、それらを言葉にしていこうと決めました。今日だけで語り尽くせるテーマではないですが、その一つについて今回は触れます。

それは「想像できることは、もはやあなたの夢ではない。」ということです。

「人間が想像できることは、必ず実現できる」ということを聞いたこたがあるでしょう。これについては、真実だと思います。どんなことでも、人が想像できることは実現できます。裏を返せば、想像できないことは、一切実現しないということです。

でも悲しいかな、僕たちは、想像できないことを体験するなんて到底できないのでしょうか?いやいや、そんなことなんてありません。日々想定外のことを体験しているじゃないですか!

僕の場合、運命学(算命学)との出会いは、偶々(たまたま)です。コーチングというスキルを知ったのも偶然です。今回倒れたのも想定外ですし、人生のほとんどの岐路が想像を超える未知の出来事の連続でした。

再認識してください。想像できることは、あなたの固定概念です。言うなれば、あなたが設定する目標や夢は、あなたの固定概念から生まれた産物となります。でも、世の中には、あなたの想像を絶する出来事に満ちあふれ、あなたの想像を超える人々が多数存在しています。だから、想像できない世界のことに、目を、そして意識をむけて欲しいのです。

あなたの目標や夢は、もはや想像すらできないことなのです。ただ、そこに向かう「いてもたってもいられない衝動のようなもの」さえあれば良いのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事