2017-05-15

あえて目標を設定せずに人生の〈目標〉を達成する方法

Pocket
LINEで送る

昨日、「めざせ!シゴトクラシスト」講座 を開催してきました。この講座は、今回はじめてでしたが、想像以上の手応えを感じました。

と言うのも、この講座は、大まかなプロット(筋書き)はありますが、それもあってないようなもので、主に参加者の人生にフォーカスします。つまり、参加者の生身の人生のシナリオを扱うわけですから、躍動感があります。また、他人の現在・未来の人生を垣間見ることで、自分の人生の参考になったり、感化されたり、気づきがあったりするわけです。

この講座の最大の特徴は、詳細な〈目標〉、綿密な〈プラン〉をあえて設定・作成しないことです。そして、モチベーションを保つ方法についても触れません。とにかく、驚くほどシンプルなプログラムなので、戸惑う人もおられるでしょう。

僕は今までの12年間、コーチングスキルを扱い、それを生業にしてきました。クライアントの目標達成をサポートすることを第一に考え、それを実践してきたのです。しかし、ここ1,2年の間、クライアントの目標設定に違和感を覚えるようになりました。

たとえば、クライアント自ら目標設定しても達成できなかったり、途中で路線変更があったり、結局ふりだしに戻ったり、さまざまなケースがありました。僕の未熟さが、この結果だと反省したりもしましたが、どうもそればかりではなさそうなのです。

そしてとうとう、あることについて気がついたのですが、でも、そんなことあるはずがない・・・という迷いもあり、どうしてもそこに踏み入ることができませんでした。あの出来事がなければ。

そうです、脳出血で倒れたことを機に、僕のある気づきを公開しようと決めたのです。それが「めざせ!シゴトクラシスト」講座の中身となりました。

この講座で扱うことのひとつは、〈目標は設定するな!〉ということです。誤解しないでいただきたいのは、ここで言う目標とは、人間的な計算ができるビジネスライク(事務的)なことではありません。人間的な計算ができない人生の目標です。それを設定してはいけないと言っているのです。

今から思えば、僕がこれまでに扱ってきたコーチングのテーマが、この〈人間的な計算ができない人生の目標〉が大半でしたので、違和感があったのは当たり前なのです。

今後は、あえて目標を設定せずに、人生の〈目標〉を達成する方法を、公開していきたいと思っています。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事