2017-06-04

マスターマインド・グループのメンバーを集めるために

Pocket
LINEで送る

マスターマインドとは、「2人以上の同じくした願望や目標を持った人々の集まりで、その人々がお互いに共鳴できる波動を放ちあうこと」と、僕は定義しています。いろいろなところでこのようなグループが募られていますが、僕の考えるグループは意図が少し違います。

僕が脳出血で倒れる前から、マスターマインド・グループ構想はありました。そして、そのグループがあるところで集う企画を組み、そのことを発表する直前に倒れました。結論から言うと、倒れたことで、この計画の方向性の修正と、メンバーの再編成を今しています。このグループで何をするか詳しくは言えませんが、メンバー編成のために、今後1年間の猶予をもらい再スタートしたところです。

過去僕が出会った人。そして、これから出会うであろう人。この中からメンバーは編成されます。その人たちは、お互いに今生のみならず、連綿とした人類の長い歴史の中で深く関わってきた者同士であり、僕たちの死後もつながりを絶やさない関係です。何だかかなり大げさなことを言いはじめたと思われるでしょうが、このグループの今後はまったくのノープランで、予測しているのは見えない何ものかに導かれていくだろうことだけです。

このグループのメンバーは、老若男女、職業の別を問いません。僕はある意味、そのことを見逃していたのです。倒れる以前は、わけもなく起業家同士というくくりで考えていました。でも違う。今生で再会する者度同士が、全員起業家なんてどう考えてもあり得ません。そして、そう考えれば、候補者がポツポツと浮かび上がってきたのも事実なのです。

今後、至る所でアンテナを張り巡らせて、グループメンバーとの出会いを待ち焦がれようと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事