2017-06-28

僕が改めて起業するならどのようなプロセスではじめるか(3)ニーズからあなたにできること・したいことを決める

Pocket
LINEで送る

今回から、他ではあまり触れていないことを書きます。
前回の〈2,コメント欄で知り合った人からニーズを知る〉は、いかがでしたか?「こんなこと知ってるよ!」って方もいらしたと思いますが、ここまでは一般常識的な内容です。問題はここからで、いわゆる常識から外れるかも知れませんが、これが今の僕のスタンダードです。

3,ニーズからあなたにできること・したいことを決める

読者からニーズを聞き出す目的は、決してあなたが便利屋になることではありません。たとえば、読者から「塩の代わりになって、味気なくない調味料の使い方を知りたい!」という質問があったとしましょう。こういう場合、あなたのブログコンセプトによって答え方が変わってきます。

あなたのブログコンセプトが〈純粋に減塩して自然の味を楽しむ〉であれば、代わりの調味料を紹介するのではなく、素材の味が活かせる料理方法を教えてあげましょう。料理方法を知らなければ、自分で実際に料理してみて、その試行錯誤もふくめて紹介すれば、面白い記事になります。質問者が、それで納得しなくてもOKです。もちらん、質問者には自分のブログコンセプトを伝え、感謝の返信をします。

定石では、読者のニーズに応えてブログを成長させていくことをめざしますが、僕の場合は違います。読者のさまざまなニーズから、あなた自身の〈できること・したいこと〉をセレクトしていくイメージです。常にこれを繰り返し行っていると、あなたが本当にしたいことが明確になってきます。

様々な読者がおられますので、読者を育てていくという趣旨もありますが、その前に、あなたが育てられないといけません。まずは、読者に媚(こ)びることなく育てられてください。そして、あなたがブログコンセプトを明確にでき、その結果、読者もあなたの趣旨に賛同してくれるようになるでしょう。要するに、あなたが育ってからブログを書いていたのでは、遅すぎるということです。(もちろん、「今読者に育てられています!」なんてことをいう必要はありません。)

残すところあと2回です。次回は、〈4,facebookをはじめるにあたっての注意点〉について書きます。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事