2019-07-21

あなたが感動したことをモノやコンテンツにして売る

Pocket
LINEで送る

起業するにしても、何をビジネスにすれば良いのかわからない。そう感じている人は、僕のお客さんにも多いです。また、大運天中殺にも関わらず、全く運気が上がる気配がないという人も、今回の記事はぜひ読んで下さい。

そもそも、ビジネスをはじめる動機は何でしょうか?動機もなく、単に「お金儲けをしたいから」という理由だけでは、あまりにもお粗末すぎます。しかも、潜在意識は「なぜお金儲けしたいの?」という理由が明確でないと、お金儲けに向かわせてもくれません。

そこで今回の僕からの提案は、あなたがお金儲けをしたいなら〈感動〉を売って欲しいということです。勘違いしないでください。これは、世の中で言われている「お客さん自身が感動するモノを売ろう!」というニュアンスと違います。ではなく、あなた自身が〈感動〉した、モノやコンテンツを売ろうという発想なのです。

感動といっても様々です。

・家庭菜園をやっていて、初収穫したとき
・流星群を見に一人で出かけ、道路に寝転んで星空を見上げたとき
・オンラインゲームのチーム大会で優勝できたとき

このような場面が、あなたの人生においてひとつくらいはあるでしょう。このときの感動の要素(核)を思い出して書き出したりして商品を考えたり(「家庭菜園の道具選びが面白い」「成長するプロセスが楽しい」など)、感動したことをそのままモノやコンテンツ、ワークショップにして商品化できる場合もあります。

生まれてこのかた、感動したことがないという人は、どんな些細なことでも良いので、自分が好きなことを商品化する努力をしてください。

ココでのポイントは、〈自分軸〉で考えることです。それは、本当の自分で生きることを意味します。

このようなことをいうと、必ず「自己チューじゃないか!」とか「利己主義もはなはだしい!」と、意見をいう人がいますが勘違いしています。僕は、まず自分を大切にできない人は、人のことなど100%大事にできないと思っています。大事にしているつもりでも、絶対に中途半端になります。

100歩ゆずって、無償の愛があるとしましょう。自分を犠牲にして人を助ける。親として、自分はさておいて子どものために頑張る。これも、僕に言わせれば、自己満足の何ものでもないと思います。自分を犠牲にしたという満足です。

子どものために親が犠牲になって命を落としたとすれば、子どもは一生、自分のために親が犠牲になってくれたという想いを背負って生きていかなくてはなりません。もちろん、それが親心なのでしょうが、僕なら子どものために、自分も命を落とさず、一緒に生きる努力を最後までします。

話が思わぬ方向にずれましたが、つまり〈自分軸〉でモノごとを考えた方が、すべての責任は自分にある思えるようになり、今起こっていることも、原因は自分だとシンプルに割り切れます。このシンプルさが、モノごとを複雑にしない要因となります。

思いっきり、あなた自身が感動したことを、商品化して下さい。あなたが感動しないで、誰かを感動させられるなんて、虫が良すぎるというものです。

個別単発コンサルティング

 

Pocket
LINEで送る

関連記事