2017-12-03

究極のジブんワールドをめざす(つべこべ言わずやってみて、その続きを楽しもう)

Pocket
LINEで送る

僕の転機は59歳、つまり、来年(2018年)の2月4日以降に来ます。運命学的に、その日を境に〈大運天中殺〉に入るのです。※大運天中殺については、こちらの記事を参照してください。

人生は、20歳前後までの〈幼年期〉、60歳前後までの〈中年期〉、そして、それ以降の〈晩年期〉と、大きく3つに分類されます。ちょうど僕の場合、〈晩年期〉に入るタイミングと、〈大運天中殺〉に入るタイミングが重なっていてるので、20歳前後に経験した、つまり、〈幼年期〉から〈中年期〉に移行した変化とは、どこか違うような感覚があります。

まず、体重が9㎏減り、体脂肪率も10%以上落ちました。これは脳出血で食生活が変わったこともありますが、明らかに嗜好にも変化があらわれています。

たとえば、僕はベジタリアン(Vegetarian)でも、ましてや、ヴィーガン(Vegan)でもありませんが、肉、特に牛肉をおいしく感じなくなってきました。牛乳、チーズも同様です。また、魚は、特に刺身がダメになりました。わかったことは、食生活は、人を変えると言うことです。

シゴトについても、これまでの活動から大きく変わっていくでしょう。コンサルティングやコーチングという形では、最終的にはしなくなると思います。クラシ方も激変する予感があって、これについては、いずれ書きます。このブログも、ビジネスライク的な話題は、急速に収束していく予定です。

シゴトとクラシの境をなくす、このスタイルに賛同してくれる人がいてくれれば、僕は何よりハッピーでしょう。

この記事の読者へアドバイスができるとすると、人生の節目に、あえて意識してでも自分を変えてみることをオススメします。そうするには、今をどう生きるか?そして、次をどう生きるか?を考えなければなりません。人生でたった2回しか来ない、ターニングポイントなのですから。

〈関連記事〉

食塩1日の摂取量6グラム以下が、やがて人生を大きく変えてしまう

 

Pocket
LINEで送る

関連記事