2017-06-19

あなたの人生に何がどのように起こって今があると思っていますか?

Pocket
LINEで送る

あなたは自分の未知の世界に向かって、着実に前進しているという自覚がありますか?あまり感じられないと思うのであれば、ここから先を読み進めてみてください。

起業家向けの講座はたくさんありますが、一方的に講師が自分のスキルを参加者に提供する形式が大半です。また、ワークショップのように参加者へ気づきを促すものもあります。僕は、どちらもかなり参加してきましたし、開催した経験もあります。(ここからの話は、あくまでも〈起業家向け〉講座のことです。)

僕は、どちらの形式も、否定はしていません。起業する人には、どちらの形式もたどらなければならない講座だと思っています。ただ、新しいスキルを得ようとしたり、違った角度から気づきがもらえたとしても、そこから現実的にあなたの世界が切り開かれているかというと、疑問なのです。実は、ある時点からの堂々巡りで、いつまでたっても前進はしていません。

僕は、新しいスキルや目新しい気づき、さらに、着実に何かに向かって進んでるという感覚が得られる講座が、この世に存在しないだろうかと〈ジブんワールド〉構想を得た2年前から模索していました。正直、何も得られないまま今年の2月、視床下部の脳出血で倒れたのです。

倒れて得られたモノは、おそらく無限にあって(ここで言えないことも)、それを今から具現化していくわけですが、新しい講座の発想もそれに含まれています。それをひと言で表すなら、〈偶々(たまたま)の真実〉です。別にふざけているわけではありません、真剣です。あなたも僕も、今までの人生を振り返ってみてください。ほぼ100%と言っていいほど、そこに〈偶々(たまたま)〉が介在しています。

人生での物事と物事の間には、〈偶々(たまたま)〉という事象が存在し、それがあなたの人生におおきな影響を与えています。たとえば、2つの会社があってどちらに入るか決断しなければならないときも同じです。ある会社に入る理屈を自分なりに考えたとしても、〈偶々(たまたま)〉その時点での理屈であって、突き詰めて言えばそれも、〈偶々(たまたま)〉でしかないのです。でもそこに、真実があることを受容して欲しいのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事