2017-11-12

現状突破は、現状でするべきことをやり終えない限りできないと思え

Pocket
LINEで送る

現在の僕には、クライアントが6名おられます。多いときで、14名のクライアントを一度にかかえていましたが、全員が起業家、もしくは会社経営者です。でも、はじめから起業家、もしくは会社経営者だった方は稀で、ほとんどがゼロからのスタートでした。

現在のクライアントで、起業したてのお一人を除けば、あとの方は、一ヶ月の売上げが100万~300万円以上の方ばかりです。

僕のコンサルティングのやり方は特殊で、売上げを一時的に上げる、いわば、力業(ちからわざ)は使いません。力業(ちからわざ)を使えば売上げは必ず伸びますが、徐々に、ある〈沼〉にはまってしまいます。〈沼〉にはまるとは、売上げが落ちないように喘ぎ(息をきらして)続けるさまです。

売上げが伸びてきて「売上げを落とさないように・・・」と意識しはじめたら、〈沼〉にはまったとみて間違いありません。(この〈沼〉の話は、別の機会にします。)

今回のテーマは、現状突破です。僕のコンサルティングは、現状突破、これに尽きます。

芋虫が、サナギなって蝶になったり、オタマジャクシに足がはえ、尻尾がとれて蛙になったり、一生のうちに姿を変える生物がいます。これを「変態」と言いますが、栄養摂取に適した幼生、交尾という生殖に適した成虫と、それぞれ役割に応じて姿を変えていきます。

つまり、我々も 現状突破していく段階で、それぞれに役割や意味があることを知らねばなりません。

たとえば、芋虫がムシャムシャと葉っぱを食すのは、サナギから蝶になるためのエネルギーを蓄えるためです。芋虫が、そんなことを意識しているかどうかはわかりませんが、芋虫という形態がそうすることに適しているのです。

では、あなたは、次のステージでどうなるために、今という状態が用意されているのでしょう?

僕のコンサルは、言わば、あなたの次のステージを見極めて、今を最大限に活かせるように、行動を促してあげることです。そして、結果的にそれが現状突破の基礎になります。

この現状突破で、売上げが嘘のように上がった人は結構いらっしゃいますが、その前に、しっかりと現状でエネルギーを蓄えていることが重要です。どんなエネルギーを蓄えなければならないかは、運命学が教えてくれるでしょう。それが、僕のシゴトなのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事