2017-05-21

考えていることよりやってみたことを自慢しよう

Pocket
LINEで送る

「人間は、時間が与えられることにより肉体が動きだし、時間と空間のつながりにより運命が転がりはじめる。」

この一文には、大いなる示唆があります。

〈運命〉とは、 人間の意志にかかわらず、また、意志をこえて巡り会うものだと、僕は思います。これは、このブログで何度もとりあげていますが、あなたの人生は、あなたの意志をこえて、今あるわけです。

まず、時間が与えられことで、僕たちの肉体は動くことができるようになります。時間が存在していなければ、肉体は動けないし、存在すらしません。ちょっと難しいですが、寝たきりで意識のない老人には時間の概念がありません。(あまり良い例えではありませんが・・・)

この老人が、意識を取りもどし、身体を少しずつ動かせるようになってはじめて、時間の存在を意識することができます。そして、退院して自宅に戻り、活動がふえることで空間が広がり、運命が転がりはじめるというわけです。なので、運命が転がりはじめる状態にしたければ、時間と空間を積極的に活用しなければならないと言うことになります。

今後、考えることはもちろん、動きはじめる空間を広げてみてください。〈思考〉し、そして、〈活動〉しなければ、運命は転がっていきません。現代は、インターネットなどを使えば、じっとしていても空間が広がったような錯覚に陥ります。ではなく、あなたが興味を持っているもの(欲求しているもの)に対して、積極的に一歩踏み込む努力を、リアルで実際にやってみてください。

現実的に〈行って〉〈見て〉〈話して〉〈触って〉〈感動して〉〈ビビって〉〈気づいて〉〈リスペクトして〉・・・あらゆる情動を体感してください。要は、考えていることよりも、やってみたことを自慢しようじゃないですか!時間と空間の〈つながり〉は、未来に対するチャンスを生み、想像を超える〈チカラ〉となるのですから。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事