2018-09-15

大運天中殺に突入して見えてきた具体的な現象の記録(1)

Pocket
LINEで送る

大運天中殺の生々しい情報は、ネットの世界ではあまり出回っていません。生々しい情報というのは、

具体的にどのように運気が上がっていくのか?
精神的・肉体的にどのように変化していくのか?
日々の暮らしの出来事の変化は?

などです。

ネットであまり出回っていないのであれば、逆にそれを記録として残し、大運天中殺中の人や突入前の人への、心のよりどころになればと思っています。

僕は、大運天中殺に突入して、まだ1ヶ月足らずです。運気が上がったなと思われることは、仕事上の警備隊で、管理職の隊長になったことや、このブログのアクセス数が急激に伸びはじめたことぐらいで、まだまだ大運天中殺の本来の域には入っていません。

ただ、少しずつ薄皮をはぐように、僕をとりまく人生が変化している感覚があります。薄皮とは、たとえば〈人〉です。僕をとりまく〈人〉が、変化しつつあるのがわかります。〈夢の実現のためには、犠牲にしなければならないことがある〉でも書きましたが、どんな人と関わっていくかという変化です。

こういう言い方をすると傲慢に聞こえるかもしれませんが、僕も残された人生は短いので、今後関わっていく人は厳選したいという気持ちが強くなってきました。これは、大運天中殺に突入しただけの問題ではなく、中年期の天堂星から、晩年期の天将星に移行したからかも知れません。天堂星の根気強さから、天将星の踏ん切りの早さに転じたのでしょう。

人の厳選とは、具体的にいうと、40歳を過ぎて人生を変化させたいと思っている(意思がある)のに、思い切った行動(変化)に出られず、いつまでもうだうだいっている人と、金輪際、根気よくつきあわないと決めたことです。

それと、下世話にいえば、最近、うまく物事がまわりすぎている感じがしています。たとえば、前述の〈人の入れ替わり・人間関係〉であったり、〈スケジュールの調整〉〈お金の出入り〉などです。具体的には、今後の記事で明らかにしていきますが、簡潔にいうと、思っていた通りに物事が進んでいて、これは、今までになかった感覚です。

それと、最近もっとも顕著なのが、出会う人全員例外なく、僕を助けてくれる人だと思えるようになったことです。また、困っていたら、ふっと現れてふっと消えていく人も増えました。

ここまで書いたことは、今までも身の回りに起こっていたことかも知れません。それを、そう思えるようになった、単なる、僕だけの変化なのかも知れません。

でも、たとえそうだとしても、今までと違うことは、確実に僕が変化していくことです。玉堂星を持っている僕が、変化し続ける僕に許可が出せたこと自体が、大運天中殺に突入して、まだ1ヶ月足らずで得られた成果でしょう。

「めざせ!ジブんワールド」講座 10月21日(日)開催

個別単発コンサルティング

 

Pocket
LINEで送る

関連記事