2017-04-27

シゴトとクラシを上手に融合させる生き方とは、物々交換をしていた古代のクラシが理想

Pocket
LINEで送る

シゴトとクラシを上手に融合させる生き方とは、物々交換をしていた古代のクラシが理想です。でも・・・

「そんな生き方は、理想だよ!」

多くの人からは、そう言われると思います。いわば、シゴトをしているようには見えない生き方をするわけですから、世の中の人が全員、そんな生き方はできません。なので、そんな生き方を選びたい人だけが、やれば良いと、僕は思っています。

シゴトとクラシを上手に融合させる生き方の条件とは・・・他人に雇われない・・・それだけです。あとは、あなたの自由なのです。まぁ、この「自由」がくせ者で、逆にむずかしいと思う方がいるでしょう。全てがあなた主導になるわけですから、雇われていた方が気が楽だ・・・と。

世の中には、生き方の役割分担というものがあります。なので全ての人に、シゴトとクラシを上手に融合させた生き方を推奨しているのではありません。だから・・・「そんな生き方は、理想だよ!」と言われても、議論するつもりはありません。

冒頭にも書きましたが、シゴトとクラシを上手に融合させる生き方とは、物々交換をしていた古代のクラシが理想です。お互いに持っているモノ同士の交換です。持っているモノが、どんなモノなのかはわかりませんが、それと同等のモノと交換できれば良いのです。

逆に言うと、価値あるモノを提供できないといけませんし、しかも、価値あるモノを提供してくれる人々とたくさん出会わないとなりません。そんな人がどこにいるかなんてのもわかりません。そんな人を探している時間もありません。そんな余裕なんてもっとありません。私たちは忙しいんです・・・  ・・・というのが、われわれ現代人の現実です。

魚の代わりに肉を!
果物の代わりに野菜を!
乳の代わりにワインを!

そんな時代に逆行するには、もはや同じくらいの時間が必要なのかも知れません。でも、その努力からはじめよう!というのが、僕の発想です。現代に置き換えたら、どんなことができるだろう?と、考えてみたいのです。

あなたの代わりに僕を!
僕の代わりにあなたを!

色々なアイデアを、広げてゆきましょう!

 

Pocket
LINEで送る

関連記事