2017-04-21

1年間毎日ブログを更新し続けていれば売れるブログに育つ

Pocket
LINEで送る

僕が「親子禅問答」というサイトを起ちあげたのが、2003年2月6日でした。また、「モンドの親子未来塾ブログ」という、楽天ブログをはじめたのが2004年8月。今も残っていますが、8月23日、唐突にはじまっています。

どちらも毎日ではありませんが、コンスタントに更新していました。そして、2005年4月、出版社から「親子禅問答」を書籍化しないかという連絡があり、実際に出版されたのは2006年8月です。ここで注目して欲しいのは、ブログをはじめてから8ヶ月で、出版社から書籍化のオファーがあったことです。

僕は当時、幼稚園の年少であった娘との会話集をはじめる前、何でもいいんで自分の考えを言葉にして発信したいと思っていました。自分の足の裏の「タコ成長記」とか、「関西弁浪速道」とか、「見えてるようで見えない世界」とか、ほとんどくだらない世界ばかりですが・・・。

中でも、娘の質問は毎日のように飛んできて、ネタにつきないということから、たまたま、それをサイトで公開しはじめたのです。そうして地道に更新し続けていると、読者もふえて少しずつ人気のブログに成長していきました。

僕は、コンセプトさえ間違わなければ、毎日1年間、ブログを更新し続けていれば、売れるブログに育つと思っています。また、クライアントへのアドバイスも「継続して、発信し続けてください!」というものです。要は、知ってもらうことに全力を尽くそう!が、何よりも大切なことなのです。

そして、ブログを更新し続けてはじめてわかる、継続の楽しさや(特に)苦しみから得られることは、多大なのです。たとえば、読者は何に興味があるのかですが、これはシビアに伝わってきます。半日かけて書いた記事と15分しかかからなかった記事、明らかに思い入れがある方が反響が良いと思うでしょ?でも実は、後者の方が反響があったってことはざらです。

このように、継続とは試行錯誤することが大切なのであって、そこから未知で想定外のことを体験し、自分の世界観をつくっていくのです。オススメしたいのは、まずは、自分の考えを言葉にして発信することです。そして、それをできるだけ沢山の方に届けることです。

あなたの世界観は、あなただけでできあがるモノではありません。あなたの世界観を熱望している人とともに築きあげられるモノなのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事