2017-05-10

日常で「コレじゃなくて、アレ!」と明言出来ることを増やしていこう

Pocket
LINEで送る

身の回りをシンプルにすることを、今実践しています。シンプルといっても、解釈は多岐にわたります。ただモノを減らすだけが、〈シンプル〉にすることではありません。

・・・本題に入る前に、僕は、〈捨てる〉という表現が好きではないので、使いません。なので、今後の人生で〈持ちモノを選択する〉という言い方をします。捨てるというと、持っていた頃の悪いイメージを、どうしても連想してしまうからです。コレは心理の問題です。・・・

先日、衣替えをしたのですが、ビックリするくらい厳選されました。これだけで着まわしていくの?って思われてもおかしくないでしょう。かのアインシュタインも、同じジャケット・パンツ・ワイシャツ、それに靴まで、同じモノを3つ用意し、それで着回していたそうです。何を着ればいいのか考える〈時間〉が惜しかったそうですが、おしゃれにこだわる人にしてみたら、信じられないことだと思います。

そこであなたも、何について思考することが自分にとって大切なことなのか、それについて考えてみてください。それによって、あなたの生き方が大きく変わってきます。僕の場合、たとえば衣服に関して思考する大切なところは、機能性やシンプルさであって、バリエーションの多さではありません。なので、いかにシンプルにしていくかについて「コレじゃなくて、アレ!」という具合に、僕はこだわっているのです。人によっては、シンプルじゃなくてバリエーションの多さにこだわっている人だっているのです。

重要なのは、モノを〈減らす〉ことではなくて、「コレじゃなくて、アレ!」と明言し、決断できることです。よくあるのが「コレは、どちらでもない・・・」と曖昧のままにして、決断を先延ばしにする行為です。曖昧さをつねに抱えていると、脳がいつも疲れている状態になることがすでに証明されています。なので、これができずに曖昧なうちは、生き方も曖昧のままになってしまいます。

日常の選択で、曖昧になっていることを、一つずつ潰していってください。それがあなたの人生を大きく変化させる、近道になるのです。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事