プロフィール

Pocket
LINEで送る

シゴトクラシスト 夏見モんド

1959年、夏、兵庫県の丹波篠山で生まれる。高槻市立清水小学校、茨木市立西中学校を経て、摂陵高等学校(現 早稲田摂陵高等学校)へ入学。卒業後、祖父母の介護で、紆余曲折の人生最大のブランクを経験。この5年ほどのブランクの間に、人間の喜怒哀楽、辛苦、辛酸、機微、にふれる。この頃、ある霊能者から「この子は、60歳位以降、必ず成功する」と断言される。
その後、考えるところあって上京し、東京農業大学と日活芸術学院脚本科に入学。日活芸術学院脚本科時代に、当時、学院長であった遠藤周作氏をはじめ、大和屋竺氏(脚本家)、加藤宗哉氏(三田文学編集長)と出逢い、人間とは何かを、大いに学び、強烈な影響を受ける。

日活芸術学院脚本科卒業後、TBSクイズダービーの構成スタッフを経て、放送作家の道に進むか、デザインの道に進むかを、死ぬほど迷ったすえ、神田の広告代理店でグラフィックデザイナー&コピーライターの修行を積む。
以後16年間、日本コカ・コーラ株式会社の新製品カタログをはじめ、企業内セールスフォースマニュアルなどを手がけ、グラフィックデザイナー&コピーライターとして、人並みに活躍。このころ算命学という運命学に出会う。

やがて転機がおとずれ、2003年、自ら起ち上げた『親子禅問答』というWebサイトが書籍化され、さらにコーチングというコミュニケーションスキルを知ることになる。それにより、2004年1月より、コーチ・トゥエンティワンのコーチ・トレーニング・プログラムで、コーチングの勉強を開始し、同年11月、文部科学省認可(財)生涯学習開発財団の認定コーチの資格を得る。2005年4月、16年間生業にしてきたグラフィックデザイナー&コピーライターを辞め、プロコーチとして独立。

2017年2月27日、視床下部の脳出血で倒れるも、奇跡的に生還する。これを機に、生まれ変わろうと決意し、第二の人生の記録として、このサイトを起ち上げた。

Pocket
LINEで送る